ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > まちづくり推進課 > ブロック塀の安全確保についてのお願い


ブロック塀の安全確保についてのお願い

掲載日:2018年7月3日更新

2018年6月18日の大阪府北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し、2人の犠牲者が出たことをうけ、 市でも公共施設のブロック塀について緊急点検を実施しております。 ブロック塀には建築基準法で安全基準が定められていますが、基準に満たないブロック塀は地震時に倒壊するおそれがあります。 皆様におかれましては、今一度安全点検を行い、安全確保に努めていただきますようよろしくお願いいたします。

 

塀の安全性チェックポイント

 

  1. 塀の高さは2.2メートル以下であること。1.2メートルと超える場合は、控壁があること。
  2. 塀の厚さは10センチメートル以上であること。(高さが2メートルを超え、2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)
  3. 控壁を塀の長さの3.4メートル間隔以内に設置し、かつ控壁の長さが塀の高さの5分の1以上であること。
  4. コンクリートの基礎があること 老朽化等による著しいひび割れや傾き等がないこと。

一つでもあてはまらない項目がある場合や不明な点がある場合は、ブロック塀を造った施工業者や専門家に相談しましょう。

 

ブロック塀の安全点検について [PDFファイル/635KB]

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。