ページの先頭です。


未熟児養育医療の給付

掲載日:2017年7月1日更新

未熟児養育医療給付について

お知らせ

2017年(平成29年)4月1日から福祉保健センター保健政策担当が窓口です。

未熟児養育医療給付制度

身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とするお子さんに対して、その治療に必要な医療費を市が負担する制度です。
未熟児養育医療給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での入院治療に限られます。
埼玉県内の指定養育医療機関一覧のページはこちら。
県外の指定養育医療機関については、各県のホームぺージをご覧ください。

対象者

次の項目全てに該当するお子さんが対象です。

  • 満1歳未満であること
  • お子さんが戸田市内に住所を有すること
  • 出生時体重が2,000グラム以下のもの、または生活力が特に薄弱で医師が入院養育を必要と認めたもの

給付対象

指定養育医療機関で行う未熟児の入院治療のうち、次のものが対象です。

  1. 診察
  2. 薬剤又は治療材料の支給
  3. 医学的処置、手術及びその他の治療
  4. 移送

医療機関の窓口でお金の支払いについて

未熟児の治療で保険対象のものについては、市が負担しますので、窓口で支払っていただく必要はありません。
ただし、未熟児の治療以外の治療や差額ベッド代などの保険対象外の治療は、養育医療の対象ではありませんので、窓口で支払っていただく必要があります。
なお、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じます。詳しくは申請時にご説明いたします。

手続き

新しく申請される場合

申請期限はおおむね出生後2週間以内が目安となります。

必要書類

1 養育医療申請書 [PDFファイル/59KB]
2 養育医療意見書 [PDFファイル/72KB](医師が記入)
3 世帯調書 [PDFファイル/67KB]
4 同意書兼委任状 [Wordファイル/40KB]
5 児童本人または扶養者の健康保険証
6 申請者(=来所者)の本人確認ができる顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート等)
7 世帯全員分の個人番号カードもしくは通知カード
8 所得税額を証明する書類(詳細はお問い合わせください)
  ・平成28年1月1日時点で戸田市に住民登録している方は不要です
  ・生活保護受給世帯の方や、中国残留邦人等及び特定配偶者として支援を受けている方は、申請前にお申し出ください(電話可)

転院される場合

必要書類
  1. 指定養育医療機関変更(転院)申請書[PDFファイル/58KB]
  2. 養育医療(継続・転院)意見書[PDFファイル/54KB]

手続きに来所の際は、健康保険証と朱肉を使用する印鑑(スタンプ印不可)をご持参ください。
その他、治療期間がのびる場合、住所や保険証が変わった場合等、変更事項がありましたら、福祉保健センター保健政策担当までお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。