ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 長寿介護課 > 介護保険料の減免について


介護保険料の減免について

掲載日:2016年8月25日更新

介護保険料は、前年の所得などから算定されますが、自宅を買換えた際の売却金額が所得に計上された結果、介護保険料が高額になった場合は、減免される制度があります。なお、減免を受けるためには申請が必要です。

(注釈)この減免制度は平成27年度の介護保険料から適用されます。


減免の要件

前年中の譲渡所得の全部又は一部を自己の居住用資産の購入又は債務弁済に充てた場合に、譲渡所得額から居住用資産の購入などの額を差し引いて介護保険料額を算定すると所得段階区分が変わるとき。


減免内容

申請日の属する年度の介護保険料の算定基礎となっている前年中の譲渡所得金額から、自己の居住用資産の購入又は債務弁済に充てた額を差し引いて算定した保険料額に減免。


申請に必要なもの

  • 減免申請書(下のリンク先からダウンロードできます。長寿介護課の窓口にもあります)
  • 印鑑
  • 自宅売却時の売買契約書の写し
  • 自宅購入時の売買契約書の写し
  • 確定申告書の控えの写し
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。