ページの先頭です。
トップページ > 組織からさがす > 長寿介護課 > 介護(介護予防)サービスを利用したときの利用者負担額について


介護(介護予防)サービスを利用したときの利用者負担額について

掲載日:2019年6月27日更新

高齢化の進展に伴う介護費用の増大の中で、保険料の上昇を可能な限り抑えつつ、介護保険制度を持続させていくために、これまで1割又は一定以上所得のある方は2割であった利用者負担割合について、現役並み所得のある方は3割に変更されました。

2割負担のとなる方対象

サービスのあった日の属する年の前年(1月から7月までの場合は前々年)の合計所得が160万円以上220万円未満で、かつ下記のいずれかに該当する方

単身世帯の場合

年金収入とその他の合計所得金額の合計額が280万円以上

世帯内に第1号被保険者(65歳以上の方)が2人以上いる場合

世帯内の第1号被保険者に係る年金収入とその他の合計所得金額の合計額が346万円以上

(注釈1)「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金収入から計算された所得金額を差し引いた金額となります。
(注釈2)年金収入のみの方は、その他の合計所得金額は0円となります。

3割負担の対象となる方

サービスのあった日の属する年の前年(1月から7月までの場合は前々年)の合計所得が220万円以上で、かつ下記のいずれかに該当する方

単身世帯の場合

年金収入とその他の合計所得金額の合計額が340万円以上

世帯内に第1号被保険者(65歳以上の方)が2人以上いる場合

世帯内の第1号被保険者に係る年金収入とその他の合計所得金額の合計額が463万円以上

(注釈1)「その他の合計所得金額」とは、合計所得金額から、年金収入から計算された所得金額を差し引いた金額となります。
(注釈2)年金収入のみの方は、その他の合計所得金額は0円となります。

負担割合証について

市では2019年(令和元年)7月中旬に要介護認定等をお持ちの全ての方へ「介護保険負担割合証」を発送します。お手元に届きましたら内容をご確認の上、担当のケアマネージャー等に提示してください。

(注釈)個人情報保護の観点から、負担割合に関する電話照会は応じかねますので、紛失された場合は、下記の「負担割合証を紛失したときは」をご覧のうえ、再発行の手続きをしてください。

負担割合証を紛失したときは

紛失や破損等により再交付を希望される方は、再交付申請書に必要事項を記入し、窓口へお持ちください。

介護保険被保険者証等再交付申請書 [PDFファイル/82KB]
介護保険被保険者証等再交付申請書 [Wordファイル/17KB]

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。