ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 介護・高齢者福祉 > 介護保険制度 > 要介護認定を受けてケアサービスを利用する


要介護認定を受けてケアサービスを利用する

掲載日:2014年8月28日更新

サービス事業者との契約

要介護1から要介護5の認定を受けて、サービス利用をしたい場合は、居宅サービスか施設サービスを選び、事業者と契約を行います。

居宅でサービスを利用する場合は、居宅介護支援事業者と契約を行い、その事業所の介護支援専門員(ケアマネジャー)がケアプランの作成を行います。

ケアプランの詳しい内容についてこちらからご覧になれます。

指定介護保険事業者の一覧についてはこちらからご覧になれます。

施設サービスを利用する場合は、直接、施設に入所申込みを行います。申し込まれた施設が満員の場合には、すぐに入所できない場合があります。

利用可能なサービスのについてはこちらからご覧になれます。

サービスの利用

ケアプランに基づき、サービス提供事業者から介護サービスを受けます。

介護保険内で利用できるサービスの量は区分支給限度額区分支給限度額によって定められており、介護度により限度額が異なります。

サービス利用料の支払い

介護サービスを受けた時、利用者はサービスにかかった費用の1割を支払います。

ただし、介護保険料の未納等があった場合には支払額が変わることがあります。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。