ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 健康・医療・福祉 > 福祉・生活保護 > 地域福祉 > 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金「2018年(平成30年)4月2日締切」


戦没者等の遺族に対する特別弔慰金「2018年(平成30年)4月2日締切」

掲載日:2017年12月29日更新

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について【請求期間:2018年(平成30年)4月2日まで】

先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方に思いをいたし、その遺族に対して終戦20周年(1965年・昭和40年)、30周年(1975年・昭和50年)、40周年(1985年・昭和60年)、50周年(1995年・平成7年)、60周年(2005年・平成17年)という節目の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、基準日において恩給法による公務扶助料・特例扶助料、戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金・遺族給与金等の受給権を有する遺族がいない場合に、その他の遺族のうち代表者1名に対して支給されるものです。
終戦70周年の節目の年である2015年(平成27年)度から、「第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の請求受付を開始しています。
支給要件がありますので、市役所福祉総務課窓口にお問い合わせください。

支給対象者

2015年(平成27年)4月1日(基準日)において、「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受ける方(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、次の順番による先順位のご遺族お一人に支給。
戦没者等の死亡当時のご遺族で
1.2015年(平成27年)4月1日までに戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得した方
2.戦没者等の子
3.戦没者等の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹

(注釈)戦没者等の死亡当時、生計関係を有していること等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。
4.上記1から3以外の戦没者等の三親等内の親族(甥、姪等)
(注釈)戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していた方に限ります。

支給内容

額面25万円、5年償還の記名国債

請求期間

2015年(平成27)年4月1日から2018年(平成30年)4月2日まで
(請求期間を過ぎると第十回特別弔慰金を受けることができなくなりますので、ご注意ください。)

受付から支給までの期間

請求書の受付から国債の交付までは、約6か月から12か月かかります。

埼玉県における審査裁定までに約6か月から12か月、審査裁定後に国債の記名加工等の手続に約3か月から4か月かかります。

審査裁定を行う都道府県(戦没者等の除籍時本籍都道府県等)と請求者の居住都道府県が異なるときは、更に時間がかかります。

(注釈)2017年(平成29年)12月現在、申請から支給まで、約6か月から12か月ほどかかっております。支給が決定された場合、郵送にてお知らせしますので、今しばらくお待ちください。

受付窓口

市役所1階 福祉総務課

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜・日曜・祝日を除く)

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。