ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 環境 > 緑化事業 > とだグリーンウェイブ2018活動紹介


とだグリーンウェイブ2018活動紹介

掲載日:2018年7月26日更新

とだグリーンウェイブ (3月1日から6月15日)

グリーンウェイブとは、5月22日「国際生物多様性の日」を中心に、世界各地の学校や地域などで植樹等を行い、生物多様性保全を考える世界共通のキャンペーンです。

植樹される樹木が、地球上を東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現しています。

また、日本では、環境省・農林水産省・国土交通省により、3月1日から6月15日の期間で呼びかけられています。

市では、2014年(平成26年)から、「とだグリーンウェイブ」と称し、広く緑に関する活動を行う団体に苗木の配布し、活動を紹介するなど支援を実施しています。

グリーンウェイブ活動ってなに

緑とのふれあいを通じ、生物多様性の理解や普及啓発につながる活動をすることです。

1.植樹2.樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、草刈りなど)3.樹木等とふれあう活動(イベント等)の実施4.活動のための苗木提供5.活動のための場所の提供6.活動のための技術指導や情報提供7.グリーンウェイブ活動の呼びかけなど

実施期間は、毎年、3月1日から6月15日です。 

2018年(平成30年)活動紹介

2018年(平成30年)については、下記の団体がグリーンウェイブ活動を実施しました。

下記団体名をクリックすると、活動内容を確認できます。

家族

安曇バラの会

とだ緑のボランティア

NPO法人グリーンガーディアンズ

曼珠沙華の会

チェリークラブ(戸田ヶ原サポーター)

戸田ヶ原サポーター

戸田市

種別:家族

写真(家族) 写真(家族2)

日時:2018年(平成30年)3月1日から6月15日

場所:各自宅敷地

参加者数:40名(14家族)

活動内容
3月1日~6月15日の期間に14家族40名が、それぞれの自宅敷地内に、オタフクナンテン、紅づる桜、キンモクセイ、クルメツツジ、キンカン、ジンチョウゲ、ツツジ、アジサイ、しだれ紅葉、ヒイラギナンテン、ソメイヨシノ、ヒメシャラ、マルバノキ、シャラ、ヤマブキ、紅葉、ハコネウツギ、クチナシ、黒竹、柿、桃の苗木を計40本を植樹しました。
親子で植えたり、親戚同士で植えたりと様々ですが、何名かで同じ時間、同じ場所で樹木や土とふれあうことで、緑や自然の在り方を改めて考えることができたのではないかと思います。

団体:安曇バラの会

安曇バラの会1 安曇バラの会

日時:2018年(平成30年)3月14日水曜日

場所:Bz花壇・プリムローズ

参加者数:10名

活動内容
安曇バラの会10名が
Bz花壇・プリムローズにゲンカイツツジ、キンカン、ジンチョウゲを植樹しました。Bz花壇には多くのバラが植わっており、5月のバラが咲くころには、多くの人が訪れます。また、プリムローズに植えたキンカンは、1月、2月にビタミン豊富でおいしい実の収穫ができます。日頃から安曇バラの会の方々が剪定などの手入れをしています。

団体:とだ緑のボランティア

緑のボランティア1 緑のボランティア2

日時:2018年(平成30年)6月5日火曜日・14日木曜日

場所:戸田駅東口(駅前花壇)・戸田駅西口(ひまわり花壇)

参加者数:15名

活動内容
とだ緑のボランティア個人会員の15名が戸田駅東口の駅前花壇と戸田駅西口のひまわり花壇にゲンカイツツジ2本とアジサイ3本を植樹しました。駅前のきれいな花壇をぜひご覧ください。

団体:NPO法人グリーンガーディアンズ

グリーンガーディアンズ1 グリーンガーディアンズ2

日時:2018年(平成30年)5月30日水曜日

場所:埼京オフセット株式会社

参加者数:約60名

活動内容:保育園児約60名とグリーンガーディアンズが埼京オフセット株式会社の敷地内にキンモクセイやギンモクセイなどの苗木を計12本植樹しました。
埼京オフセット株式会社敷地内での植樹は6年連続です。
当日は、市長も園児と一緒に苗木に土かけを行いました。
埼京オフセット株式会社では、東京新聞や東京新聞ショッパー等の印刷、販売店までの発送を行っています。

団体:曼珠沙華の会

曼珠沙華の会1曼珠沙華の会2

日時:2018年(平成30年)4月18日水曜日

場所:氷川町神社旧参道

参加者人数:8名

活動内容:曼珠沙華の会8名がアセビ、ドウダンツツジ、ミツバツツジの苗木を計8本植樹しました。
曼珠沙華の会は、とだ緑のボランティアの1団体として氷川町神社参道において花壇の維持管理を行っています。今回植えた苗木も花壇のデザインの1つとなります。

団体:チェリークラブ(戸田ヶ原サポーター)

3月管理作業 4月管理作業5月管理作業

日時:2018年(平成30年)3月13日火曜日・4月17日火曜日・5月15日火曜日

場所:戸田ヶ原自然再生エリア第一号地

参加者数:7名(3月)・13名(4月)・9名(5月)

活動内容
チェリークラブを含む戸田ヶ原サポーターの方々が保全管理作業を行いました。3月は、刈り取った草の運び出し、4月と5月は、在来植物の生育に影響をある外来種のセイタカアワダチソウ、オオブタクサを抜き取りました。
戸田ヶ原自然再生エリア第一号地では、かつての戸田ヶ原の環境に近づけるよう、多くの市民の皆様の協力を得て保全管理を進めています。

団体:戸田ヶ原サポーター

野草園4月 野草園5月

日時:2018年(平成30年)4月19日木曜日・5月22日火曜日

場所:戸田ヶ原野草園

参加者数:8名(4月)・9名(5月)

活動内容
戸田ヶ原サポーターの方々が保全管理作業を行いました。
戸田ヶ原野草園では、かつて戸田ヶ原に広がっていた野草を集め、多くの方々に可憐な「野の草花」を知っていただけるよう、市民の皆様の協力を得て保全管理を進めています。

戸田市

2018年(平成30年)3月6日 樹木剪定技術講習会

剪定講習会

参加者数:20名

場所:大前緑地北・大前緑地南・かじやさくら緑地

内容
水と緑のネットワーク形成プロジェクトの推進、また緑化推進の一環として、毎年、市民を対象に樹木剪定技術講習会を実施しています。
樹木を永く維持するためには、正しい剪定が必要です。正しく切ることによって形が整い、たくさんのきれいな花が咲き、様々な小鳥やチョウがやってくるようになります。

2018年(平成30年)3月29日木曜日から4月4日水曜日 戸田ヶ原さくらそう展示会

サクラソウ展示会1 サクラソウ展示会2

場所:イオンモール北戸田

内容
市内有数の商業施設であり、多くの市民の方が訪れるイオン北戸田の施設内のサクラソウの展示を行いました。
実物のサクラソウを展示することで、訪れた市民の方に、戸田ヶ原自然再生事業の普及啓発を行いました。

2018年(平成30年)5月8日火曜日から6月15日金曜日 とだグリーンウェイブ2018パネル展示

グリーンウェイブパネル展示

場所:市役所2階会計課前ロビー

内容
パネル展示では、とだグリーンウェイブだけでなく、水と緑のネットワーク形成プロジェクトに関連した市の自然環境施策を中心に紹介しました。
彩湖・道満グリーンパークや後谷公園など、まとまった緑がある場所では、涼しさや、鳥のさえずりに安らぎを感じたりすることができます。
市では、このような「自然の恵み」を大切にするため、市民や事業者と力を合わせ、様々な取り組みを行っています。普段の生活から得られる「自然の恵み」について考えてみませんか。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。