ページの先頭です。


環境は足元から第178号

掲載日:2018年12月10日更新

環境は足元から

2018年12月号(第178号)

「環境は足元から」は、環境課が発行する情報誌です。
「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組について書いた記事を掲載しています。

日本の豊かな海

自分は釣りが趣味でここ4、5年くらい週末になると堤防から釣りをしています。
東京湾だけでも、サバ・アジ・キス・メジナ・アイナメ・イワシ・アナゴなど季節によっていろいろ美味しい魚が釣れます。川崎の公園からキャストしていてサメが釣れたこともあります。
今年は伊豆諸島の一つである新島(東京都)に船で遠征に出かけ、イサキ・カンパチ・イナダ・カサゴ等釣ることができました。それだけでも遠征をしたかいがあったのですが、釣りをしていたときに目の前にウミガメが2匹顔を出したのには驚きました。ウミガメがこんな身近にいたことは知りませんでした。
最近はプラスチックごみによる海洋汚染が特に問題になっています。とりあえず釣り場ではゴミを拾って、自分が来る前よりきれいにして帰ること、食べない魚はすぐにリリースすることは心がけていますが、きれいな海と海洋生物を守るために他に何ができるかもっと考えていきたいです。

(収納推進課 R.O)

ジム発電

最近、若い世代を中心に、スポーツジム等の運動施設を利用する人が増えてきているように感じる。
ジムの中では様々な器具を使ってトレーニングができる環境が整えられている。利用者がトレーニングをすることによって生まれるエネルギーを、電気等の別のエネルギー資源として還元することは出来ないのだろうか。
運動をしたい利用者側にとっても、トレーニングをすればするほど体も鍛えられ、さらに、環境のためにも良いことができるため、相乗効果が期待できるのではないかと思った。
もちろん、言うは易しで、実際に行うには様々な技術や膨大な資金が必要になると思う。
しかし、もし、そんなスポーツジムが出来たら、ジムにはあまり興味のない私も入会してみたいと、ふと考えた。

(喜沢南保育園 N.T)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき

みなさんこんにちは。師走ですね。暖冬かと思いきや最近は急に冷え込み、動くのが億劫になる危険な季節に突入です。大掃除やら年賀状作成やら、はたまた忘年会ラッシュに備えてエクササイズなど、やることはたくさんあるのに!寒さは私から体温とやる気を奪っていくので困ったものです。

さて、毎年12月は地球温暖化対策月間です。市役所でも毎週金曜日を「ノーカーデー」に設定してなるべく車利用を控えてもらうよう周知したり、職員に「エコライフDAY」の参加を呼び掛けて地球にやさしい生活を心がけるよう活動しています。

おうちの中でできる温暖化対策活動はたくさんありますが、私は気軽なところで、友人呼んでお鍋をつつく「ウォームシェア鍋パーティー」でもやってみようかな。一つのエアコンをみんなでシェアするウォームシェア。とにかく集えばウォームシェア完了です。最近野菜も安いし、ウォームシェアにお鍋なんてぴったりだと思いませんか。気軽にできる温暖化対策活動、みなさんもこの冬にぜひ1つでもやってみてくださいね。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。