ページの先頭です。


環境は足元から第174号

掲載日:2018年8月6日更新

環境は足元から

2018年8月号(第174号)

「環境は足元から」は、環境課が発行する情報誌です。
「環境とわたし」というテーマのもと、市役所職員それぞれの環境への想いや取組について書いた記事を掲載しています。

資源ゴミのワンウェイビン(雑ビン)のゆくえ

資源ゴミで回収されるワンウェイビンはそのあとどう処理されているか特に知りたかった。テレビ放送のソノサキで物知りになった。
回収されたワンウェイビンはガラスのくずカレット(cullet)にし、1,200度の高温で溶かされ綿のような物体「グラスウール」になる。グラスウールには空気の層が外気を伝えにくくし室内を快適に保つ断熱材になった。
そして、さらに加工したグラスウールは何やら黒いシートをかぶせ、これを数百トンの力でプレスし、熱を加えながらくっつけるプレス機から取り出された物が自動車用のボンネットの裏側に貼られる。
それは、空気の層を多く含むグラスウールが断熱だけでなく、他の吸音材と比べて軽く、燃費や静かさが売りのエコカーに使われる。ちなみに、建設中の東京オリンピック新施設でも防音対策として使われる予定だという。
資源ゴミの空きビンは再利用され、我々の暮らしに役立っている。
資源ゴミのワンウェイビンのゆくえは、断熱材や吸音材に再生された。

(美笹支所 H.O)

環境は足元から

「地球温暖化」という言葉は、現代人なら誰しも一回は耳にしたことがあると思いますが、皆さんはいつから使われるようになったかご存知でしょうか。
1970年代になって科学の進歩に伴い、科学者の間でも注目されるようになり、1980年代に地球温暖化に関する初めての世界会議をきっかけとして、二酸化炭素による地球温暖化の問題がクローズアップされ始めたようです。
今年の7月は例年よりも特に暑く、当たり前のように気温が35度を超す日が続いていると、クーラーは必需品になってくると思います。
現代人として、環境に配慮した生活をすることは当然のように感じますが、かといって過度に環境重視の生活をしようとし、クーラーを我慢しようとしても体調を崩してしまうと思います。
この暑さの直接的な原因が「地球温暖化」によるものかは別として、この機会に環境と人々の暮らしの調和について、改めて考える必要性があるのではないでしょうか。

(財政課 N.T)

バックナンバー

「環境は足元から」の過去の記事はこちらでご覧いただけます。

あとがき


みなさんこんにちは。いきなりですが、暑いですね!!!

もう、ほんっとうに暑いです。なにせ記録的猛暑です。みなさんちゃんとエアコン付けていますか?寝る前に水を飲んで、知らぬ間に熱中症にかからないように気を付けましょう。
このような記録的猛暑は毎年起こるものではありませんが、地球温暖化が底上げしている可能性もあるとのことです。
40度近くまで上昇するなんてやっぱり異常ですよね。ぬるめの温泉にずっと浸かっているようなものです。体がおかしくならないわけがない!

しかし、悲しいかなこのような気候の中でも私たちは外に出なくてはいけない場合がありますね。社会人、学生、その他それぞれに様々な理由があるでしょう。そこで今月は事務局から「日傘」をお勧めします!特に「男性」に!

実は、地球温暖化の対策には温室効果ガスの削減等を行う「緩和策」と、暑くなってしまった地球でどのように過ごすかを考える「適応策」の二つのアプローチがあります。
適応策とは、暑くなってしまった地球でヒトが少しでも快適に過ごせるような取組を行うというわけです。

日傘の普及もその一つ。日傘と言えば日焼け防止のためと思われがちですが、暑さ対策に非常に有効です。
なにせ、ずっと日陰なんです。直射日光から身を守れる。体感温度が全然違いますよ!
筋肉量の多い男性は女性よりも暑さを感じているのではないでしょうか。現に私の従兄弟(30代男性)が最近日傘デビューをしたらしく、大変気に入っていました。傘さすだけですから。お手軽ですから。普及するといいなあ(個人的に日傘大好きなもので…)。

埼玉県でも「日傘男子」、推進していますよ!通勤のときだけでなく、休日でも赤ちゃんを抱っこしたパパなんて日傘男子に適任じゃないですか。興味のある方は、ぜひトライしてみてください!

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。