ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 観光・文化・スポーツ > スポーツ > 施設・団体 > 戸田市スポーツセンター屋内プールにおける今後の検討方針について


戸田市スポーツセンター屋内プールにおける今後の検討方針について

掲載日:2015年6月29日更新

戸田市スポーツセンター 屋内プールにおける今後の方針について

 現在閉鎖している戸田市スポーツセンター屋内プールについて、2014年(平成26年)9月から11月に実施した劣化状況調査結果や2015年(平成27年)2月4日に発生した、屋内プール天井部材の一部が落下したことを踏まえ、建替を前提とした整備方針を2016年(平成28年)3月までに検討していくことといたしました。

 方針を検討していくにあたり、市民意見の公募や検討委員会を設置し検討していく予定です。

 ご利用の皆様には、引き続きご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

平成26年9月から11月に実施した屋内プール棟劣化調査で確認された、改修が必要な箇所

1プール床部材床部材全般にわたり、ひび割れや鉄筋の腐食が見られるため、鉄筋コンクリ―トを解体・新設する

2耐震補強用の鉄骨に錆びや腐食が確認されるため、腐食した鉄骨表面の研磨・及び塗装が必要

3観覧席のガラスを支える鋼製部材の腐食による落下の恐れがあるため、鋼製部材の撤去・新設(補強含む)

改修費見込:252,930千円

平成27年2月4日に発生した天井部材落下の概要と改修費について

湿気を含んで重くなった天井部材の一部が落下したため、国の新たな基準に沿った天井へ改修が必要

改修費:122,580千円

改修の問題点と中長期的な展望

戸田市では公共施設中長期保全計画に基づき、長寿命化や生涯にわたって必要となる維持費用を考慮した上で、大規模改修する場合には、以後30年は次の大規模改修をしないことを目標としています。しかし、劣化箇所を改修しても室内の換気量(構造体)は改善されず、構造部材及び非構造部材の劣化進行は止められないと見込まれています。このため、現状の問題全てが解消されないままの改修のみで建物を30年使い続けると、再び安全上の問題が起こることが懸念されます。

また、平成32~33年にスポーツセンター施設全体の大規模改修〔約17億円(概算額:平成25年1月時点)〕を予定しており、このタイミングで大規模改修から施設建替に方針転換することにより、結果的にスポーツセンター施設の長期的な維持費用を削減できる可能性があります。

今後の方針策定について

改修した場合に残る施設維持管理上の安全性や長期的な費用負担等の問題点を考慮すると、改修案を選択し既存施設を使用し続けていく有効性は低いと判断し、プール棟のみ建替またはスポーツセンター全体の建替えのうち、どちらにするかを平成27年度中に検討していくこととしました。

方針策定に向けての今後の取り組み予定

1:再整備方針策定に係る基礎調査(9月から3月、外部委託により実施)

2:市民アンケートの実施(9月から10月)

3:市民委員を交えた再整備方針検討委員会の設置(9月から11月)

4:再整備方針検討委員会の開催(12月から3月まで計4回程度)

5:方針決定(3月)

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。