ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > くらしの情報 > 税金 > 個人市民税(概要) > 市県民税・所得税期限後申告について


市県民税・所得税期限後申告について

掲載日:2019年1月17日更新

期限後申告のご案内

市県民税の期限後申告は、郵送または、税務課市民税担当窓口において随時受付けております。申告期限が経過しておりますので、お早めにご提出ください。期限後の申告受付分については、6月の当初納税通知書発送に間に合わず、納付に関する期割が減少することがあります。(一回あたりの納税額が増えてしまうことがあります。)

また、課税証明書や非課税証明書の発行可能時期も、期限内申告受付分より遅くなることがあります。

申告の際に必要なもの

  • 収入が分かるもの(給与所得の源泉徴収票、公的年金等の源泉徴収票など)
  • 国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険などの領収書、国民年金保険料・生命保険料・地震保険料などの控除証明書
  • マイナンバー確認書類(個人番号カード、または通知カード+免許証・健康保険証などの身元確認書類)
  • 印鑑
  • 障害のある方は障害者手帳など
  • 学生の方は学生証(写し可)

医療費控除を受ける場合(上記に加えて下記も必要です)

  • 医療費控除の明細書(実際に支払った医療費の合計額や生命保険などで補てんされた金額が記載されたもの)
  • 健康や予防への一定の取組を行ったことを証明する書類(特例を受ける方のみ)

(注釈)医療費の領収書原本は提出不要となりました。詳しくは「2018年(平成30年度)から適用される税制改正別ウィンドウで開きます」をご覧ください。

ふるさと納税などの寄附をした場合(上記に加えて下記も必要です)

  • 寄附先から発行される領収書・受領証明書など
    (申告書を提出した場合、ワンストップ特例が適用されないため、申告書への寄附金額などの記載・書類の添付が必要です)

年末調整済みの源泉徴収票に記載されていない海外居住者を控除対象配偶者や扶養親族とする場合
(所得税申告が不要で、市県民税申告のみの受付となる場合であっても下記が必要です)

  • 金融機関が発行する送金証明書など
  • 親族関係を証明できる公的機関が発行する証明書
    (外国語で記載されている場合には、日本語訳も)

本人以外の方が申告を行う場合につきましては、委任状を要する場合がございますので、税務課市民税担当までお問い合わせください。

提出方法及び提出先

 
提出方法申告書提出先申告書提出先住所および申告受付時間
郵送提出戸田市役所
税務課市民税担当
〒335-8588 戸田市上戸田1-18-1
(注釈)市県民税申告書や返信用封筒ご希望の方は下記までお電話ください。
窓口提出戸田市役所
税務課市民税担当

平日午前8時30分から午後5時15分(水曜日のみ、午後7時まで
(注釈)年度末・年度初めの日曜開庁日は午前8時30分から午後5時

相談窓口

 税務課市民税担当 電話:048-441-1800  内線220・249・216・446

「所得税の期限後確定申告」のご相談は西川口税務署へ

所得税・消費税・地方消費税並びに贈与税の期限後確定申告書の提出およびご相談は、西川口税務署までお願いします。

西川口税務署個人課税部門  電話:048-253-4061 (自動音声案内)
住所:〒332-8654 川口市西川口4-6-18

(注釈)戸田市役所では、確定申告書の提出および相談を行うことはできません。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。