ページの先頭です。


職員の懲戒処分の基準

掲載日:2017年7月3日更新

地方公務員法は、地方公務員の全体の奉仕者としてふさわしくない行為に対し、懲戒処分がなされる旨規定されています。戸田市では、どのような行為に対し、どのような処分を下すか判断するため、「職員の懲戒処分の基準」を2000年(平成12年)8月に定めました。この基準は、単なる処分決定上の判断基準にとどまらず、職員に周知することで、倫理保持上の職員に対する抑止力としても機能しています。また、日々高まる公務員全般に対する社会の期待にこたえるため、度重なる見直しを図ってまいりました。

この度、職員に対する抑止効果を更に高め、職員が自らの襟を正し、市民全体の奉仕者として一層の自覚と努力を重ね、市民の期待にこたえる一助となるよう、ここに「職員の懲戒処分の基準」を皆様に公表する次第でございます。

2008年(平成20年)2月1日

2017年(平成29年)3月7日に「職員の懲戒処分の基準」が一部改正となりましたので最新のものに更新しました。(2017年(平成29年)3月8日)

職員の懲戒処分の基準 [PDFファイル/215KB]

職員の懲戒処分に係る基準について(懲戒処分の種類、標準例、手当の取扱いなど)

2009年(平成21年)12月28日に「職員の懲戒処分の公表基準」を策定しました。(2009年(平成21年)12月28日)

職員の懲戒処分の公表基準について

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。