ページの先頭です。


独自利用事務について

掲載日:2017年4月14日更新

独自利用事務について

独自利用事務とは

マイナンバー法に規定された事務(いわゆる法定事務)以外のマイナンバーを利用する事務で、独自に番号を利用するもの(以下「独自利用事務」という。)については、マイナンバー法第9条第2項に基づき条例に定めています。

この独自利用事務のうち、個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、情報提供ネットワークシステムを使用した他の地方公共団体等との情報連携が可能とされています。(マイナンバー法第19条第8号)

独自利用事務の情報連携に係る届出

独自利用事務において、異なる行政機関等との間で情報連携を行うには、個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出書を個人情報保護委員会へ提出し、承認される必要があります。

本市として、条例に独自利用事務を定め、マイナンバーを利用できるようにしております。個人情報保護委員会に承認された届出事務は下記のとおり現在11事務となります。

届出番号執行機関独自利用事務の名称
戸田市の独自利用事務一覧
1市長重度障害者等福祉金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
2市長重度心身障害者医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの
3市長身体障害者等の補装具費の支給に関する事務であって規則で定めるもの
4市長精神障害者通院医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの
5市長障害者移動支援事業に係る利用料の免除に関する事務であって規則で定めるもの
6市長ひとり親家庭等の医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの
7市長私立幼稚園の保育料等の補助金の交付に関する事務であって規則で定めるもの
8市長介護保険サービスに係る利用者特例助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの
9市長延長保育事業に関する事務であって規則で定めるもの
1教育委員会就学援助に関する事務であって規則で定めるもの
2教育委員会特別支援教育就学奨励費に関する事務であって規則で定めるもの

戸田市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例 [PDFファイル/99KB]

【執行機関:市長】

届出1 重度障害者等福祉金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出2 重度心身障害者医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出3 身体障害者等の補装具費の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出4 精神障害者通院医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出5 障害者移動支援事業に係る利用料の免除に関する事務であって規則で定めるもの

届出6 ひとり親家庭等の医療費の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出7 私立幼稚園の保育料等の補助金の交付に関する事務であって規則で定めるもの

届出8 介護保険サービスに係る利用者特例助成金の支給に関する事務であって規則で定めるもの

届出9 延長保育事業に関する事務であって規則で定めるもの

【執行機関:教育委員会】

届出1 就学援助に関する事務であって規則で定めるもの

届出2 特別支援教育就学奨励費に関する事務であって規則で定めるもの

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。