ページの先頭です。


飲料水等の確保

掲載日:2015年3月3日更新

飲料水等の確保

災害時における飲料水の確保は、生命維持に最小必要な水量として、1人1日3リットルの給水を基準としています。
迅速な応急給水が行なえるよう、以下のように飲料水等を確保しています。
(注釈)行政による対策には限界がありますので、積極的にご家庭での備蓄を進めてください。

耐震性貯水槽

避難所となる学校や公共施設のうち5か所に、耐震性貯水槽(100立方メートル)を設置しています。

(注釈)100立方メートルは100,000リットルです。

耐震性貯水槽の一覧
下戸田地区戸田第二小学校
上戸田地区

戸田第一小学校

戸田公園管理事務所(県設置)

新曽地区スポーツセンター
笹目地区笹目中学校
美女木地区

美笹中学校

埼玉県立南稜高等学校(県設置)

耐震性貯水槽の写真          耐震性貯水槽の写真

受水槽

受水槽から直接給水することが可能な緊急用水栓を設置しています。

(注釈)今後、すべての小中学校に設置する予定です。

受水槽一覧
受水槽の一覧
戸田第二小学校
美谷本小学校
笹目小学校
戸田南小学校
喜沢小学校
笹目東小学校
戸田中学校
喜沢中学校
笹目中学校

 

非常災害用井戸

避難所となる学校等の市内24か所に、非常災害用井戸を設置しています。

(注釈)災害発生後、水質検査を行った後に給水を行います。

非常災害用井戸  非常災害用井戸の写真

小学校中学校公共施設その他
井戸一覧
戸田第一小学校戸田中学校市役所

戸田競艇組合錬武館跡地

戸田第二小学校戸田東中学校新曽福祉センター 
新曽小学校美笹中学校西部福祉センター 
美谷本小学校喜沢中学校スポーツセンター 
笹目小学校新曽中学校障害者福祉会館 
戸田東小学校笹目中学校  
戸田南小学校   
喜沢小学校   
笹目東小学校   
新曽北小学校   
美女木小学校   
芦原小学校   

 

ペットボトルによる飲料水の備蓄

水源の汚染や、耐震性貯水槽及び非常災害用井戸からの給水が不可能となる不測の事態も考慮し、ペットボトルによる飲料水の備蓄も行っています。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。