ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 市の概要 > 市のシンボル > 市章、市の花、市の木、ハーモナイズドマーク


市章、市の花、市の木、ハーモナイズドマーク

掲載日:2014年11月30日更新

市章 1966年(昭和41年)制定

市章は、戸田市の"と"と"田"を一体化したもので、「融和・団結」と産業、文化の飛躍的「発展」を象徴しています。
市旗は、白地に真紅で市章を染めたもの。

戸田市 市章

市の花 サクラソウ 1976年(昭和51年)制定

その昔、荒川流域の戸田ヶ原などにサクラソウが繁殖し春の訪れとともに近郊から多くの人達が見にくることもありました。
現在では、自然環境の悪化に伴い絶滅に近い状況となっていますが、戸田にゆかりの深いこの花を再びよみがえらせ、長く継承したいということから選ばれました。

市の花 サクラソウ

市の木 モクセイ 1976年(昭和51年)制定

モクセイは常緑樹で開花時期にはあたり一面芳香がただよい、古来から庭園などに広く親しまれている樹として多く植栽されています。
植樹や増殖も容易で市民生活の中で身近な樹として、じゅうぶん活用が期待されるところなどから選ばれました。

市の木 モクセイ

ハーモナイズドマーク 1993年(平成5年)制定

ハーモナイズドマークは、交流・発展していく戸田市の未来像、ふれあう人々のあたたかさとエネルギー、豊かに流れる荒川、あふれる自然と緑などをイメージしています。

戸田市 ハーモナイズドマーク

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。