ページの先頭です。
トップページ > 行政評価


行政評価

掲載日:2014年11月30日更新

行政評価とは

行政の行っている様々な業務が、「費用に見合うだけの効果を出しているのか」、「無駄や重複になっている部分はないのか」、「もっと工夫の余地はないのか」などといった視点からその内容を評価し、それにより業務手法の改善や、優先度を踏まえ、業務自体の廃止を含めて判断することも必要であり、「行政評価」はそれらを実現するための仕組みです。また、行政から市民の皆様に、行政の持つ情報を分かりやすく伝えることが大きな使命であり、この「行政評価」は、そうした情報を提供するとともに、市民の視点からチェックを行っていただくなど、市民が市政に参画する「きっかけ」となるものです。行政評価には、施策評価と事務事業評価があります。

施策評価とは

施策評価は、基本目標の実現に向けて「施策が着実に進んでいるのか」、また、「施策を構成する事務事業が適切に行われているのか」を評価するものです。
なお、「施策」とは、総合振興計画における基本構想を実現するための具体的な方向性や方策を示したもので、基本計画において定められています。

事務事業評価とは

事務事業評価は、「施策」を実現するための具体的な手段である「事務事業」について、立案、進行管理、業績・成果の確認、改善などを行うための仕組みです。
なお、「事務事業」は施策を実現するための手段であり、人、物、金などの資源を使って行われる、より具体的な行政活動です。

外部評価とは

行政評価には、行政が自己評価を行う内部評価と行政の内部による行政評価の結果を外部からの視点で再評価し、業務の見直し等について市へ助言を行う外部評価があります。
外部評価は行政評価における客観性及び透明性をより向上させるため、「戸田市外部評価委員会」を設置し、評価を行っています。