ページの先頭です。


彩湖だより「秋」

掲載日:2017年9月15日更新

彩湖だより「秋」

彩湖自然学習センターの秋は、沢山の昆虫の鳴き声から始まります。今年は初夏の暑さと8月の大雨の影響もあって、昆虫の数か少ないようです。

これからの季節、彩湖周辺は街中では見られなくなったさまざまな野草の花やいきものを見ることができます。秋を楽しむ荒川散策の際は、自然の彩りの変化を観察できるセンターにもお越しください。

 

小学3年生センター授業

秋、戸田市内12校の小学3年生のみなさんは彩湖自然学習センターで昆虫博士を目指す自然体験授業を毎年実施しています。今年も8月下旬から9月上旬にかけて、センター周辺の河川敷・植栽・観察池を草原・森林・湖沼に見立て、それぞれの場所で生活する昆虫たちについて「観察する」と「発見する」ことを学ぶ授業を行っています。

3年生センター授業の様子

 

彩湖自然学習センターのヒガンバナが見ごろになります。

彩湖自然学習センター西斜面のヒガンバナ園が9月下旬から見頃になります。

最盛期の写真

最盛期のヒガンバナ

 

注釈) ヒガンバナ 彼岸花 学名 Lycoris radiata ヒガンバナ科の多年草 マンジュシャゲとも呼ばれます。

  9月22日現在の様子

2017年9月22日現在の様子。これから花をつける花茎がいっぱい出ています。

 

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。