ページの先頭です。


荒川第一調節池 利水

掲載日:2015年1月14日更新

荒川の水は、水道水や河川浄化のために大切に使われています。荒川の水量が少なくなった場合、彩湖に貯めた水や下水処理水を高度処理した水でおぎなわれています。

ふだんの時

ふだんの時は、秋ヶ瀬取水堰(あきがせしゅすいせき)から彩湖にきれいな水を取り入れ貯水しています。

ふだんの時

荒川の水量が少なくなった時

荒川の水量が少なくなった時は、彩湖にたくわえてある水を水道用水に使います。
また。荒川の水質維持に必要な水量を補うため、荒川水循環センターからの下水処理水を浄化施設で高度処理し秋ヶ瀬堰の地点の河川水質と同程度まで改善し、荒川に放流します。

水が不足した時

浄化のしくみ

自然界にある自浄作用の原理を応用しています。

自然界の自浄作用

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。