ページの先頭です。


日誌2017年7月

掲載日:2017年8月2日更新

彩湖自然学習センターのスタッフが、講座や季節の話題の情報発信をしています。

講座「昆虫ウォッチング夏」

開催日:2017年7月16日(日曜日)

天気:晴れ

昆虫観察日和のお天気の下、講座を実施しました。さっそく講師の先生から、今の時期に見られる昆虫の観察ポイントを教わりました。夏休みはセミの季節で、ニィニィゼミ、アブラゼミ、ヒグラシ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシの5種類が良く見られるとのことです。また、昆虫の育て方も教えていただきました。

お話のあと、網とカゴを持って観察に出発しました。センターを出てすぐに草原を通りますが、アゲハチョウやシジミチョウ、オンブバッタなどがみつかりました。

昆虫ウォッチング昆虫ウォッチング昆虫ウォッチング

グリーンパーク内を歩いて進むと、カナブン、アオドウガネ、シロテンハナムグリもみられました。鑑賞池ではお父さん、お母さんたちが一生懸命チョウトンボやコシアキトンボを追いかけていました。センターへ戻ると、捕まえてきた昆虫、見られた昆虫について先生に解説していただき、講座を終了しました。9月17日(日曜日)の「昆虫ウォッチング秋」では大きくなったバッタやカマキリに会えるでしょうか。楽しみです。

昆虫ウォッチング昆虫ウォッチング昆虫ウォッチング

(注釈)捕まえた昆虫は講座終了後に逃がしました。

講座「夜のいきものたち」

開催日:2017年7月22日(土曜日)

天気:晴れ

1昨年より1か月、昨年よりも1週間早い開催のこの講座、今年はどんな虫に出会えるでしょうか。学習室で講師の先生のお話を聞き、すっかり日が沈んだところで、懐中電灯を持って出発です。

夜のいきものたち夜のいきものたち夜のいきものたち

グリーンパーク内ではニィニィゼミの羽化を見ることができました。参加者の皆さんがライトトラップに到着した頃、アブラゼミ、アオドウガネ、コガネムシの仲間、カラスヨトウ、カメムシなどを見ることができました。

夜のいきものたち夜のいきものたち夜のいきものたち

参加した皆様からは、夜の観察はなかなかできないので良かった、普段見られない昆虫を見ることができて良かった等のご感想をいただきました。

これからの時期、ミンミンゼミ、ツクツクボウシなど他のセミも続々と羽化し始めまし、コオロギも鳴き始めますので、ぜひご家族で近くの公園に行って、セミの幼虫を探したりコオオロギの鳴き声に耳を澄ましてみてください。

スズムシ配布

開催日:2017年7月30日(日曜日)

天気:晴れ

今年もセンターで育てたスズムシを、皆様にお分けしました。半月ほど育てていただくと、立派な大人のスズムシになり、オスはリーンリーンと良い音色を聞かせてくれます。

スズムシスズムシスズムシ

スズムシが死んだあと、死がいを取り除き土の表面をキレイにして、温度変化の少ない所に置き、時々湿り気を与えておくと、翌年5~6月頃、卵から幼虫がかえります。

 

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。