ページの先頭です。


日誌2016年11月

掲載日:2016年12月1日更新

彩湖自然学習センターのスタッフが、講座や季節の話題の情報発信をしています。

講座「オギのミミズクづくり」

開催日:2016年11月13日(日曜)

天気:晴れ

当日は太陽の下、講座を行いました。まずは材料となるオギの採取から。一人最低10本を目安に、穂の長いものを採っていただきました。作製場所に再集合し、あらかじめ用意した物も足した、合計30本でミミズク作りを開始しました。

オギ集めをしている様子の写真ミミズクを作る前の準備をする様子の写真ミミズク作製中の写真

もふもふとした穂に苦戦しながら頭、体と作っていくと、ミミズクが生まれました。ピョコピョコと穂が出た部分も、ヒナの様で途端に愛着がわいてきます。木の実や葉っぱで耳と体の装飾をし、目玉を付けたら可愛いミミズクの出来上がり。

ミミズク作製中の写真オギのミミズクの写真完成したミミズクの写真

ススキよりも馴染みの無いオギがどのような植物なのか、実際に手に取ってみてよくわかったという声が聞こえました。今回使った採りたてのオギが乾燥すると、更にふっくらすると思います。おうちに飾って可愛がってくださいね。

講座「野鳥観察会:初冬」

開催日:2016年11日19日(土曜)

天気:雨のち曇り

朝は雨が降っていたためキャンセルが多く、参加者が少なかったのですが、野鳥の方は講師の先生が驚くほどたくさん観察できました。

冬のセンターの野鳥観察は、マイクロバスに乗車し、彩湖沿いの道を進みました。昨年の観察会ではあちらこちらに行きましたが、今回はなんと1か所目の停車場所で次から次へと野鳥が挨拶にやってきました。
野鳥観察会の様子の写真雨宿りをしている様子

水面ではヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、イソシギなどを観察しました。陸に目をやると、メジロ、ツグミ、カワラヒワ、シメなど。今回は合計28種類でした。

参加者の方々からは「戸田にもこんなにたくさんの野鳥がいることを知って大変驚きました。」、「講師の皆様の案内が丁寧で楽しかったです。」との感想といただきました。

野鳥観察会は来年2月まで毎月1回あります。今後もどのような鳥が見られるか、楽しみです。

講座「いきもの探検隊」

開催日:2016年11日26日(土曜)

天気:晴れ

当日お集まりいただいた11組のご家族と一緒に、センター周辺で秋の生きもの探しをしました。まずは双眼鏡の使い方から。出発してすぐに、ひと際目立つ赤い実やイチョウの観察。

双眼鏡の使い方を練習する様子ピラカンサの観察をしている様子

落ちたエノキの葉をよく観察して、アカボシゴマダラ幼虫探しも行いました。草原では、テントウムシの幼虫、さなぎ、成虫が観察できました。

チョウの幼虫探しをしている様子手にのるテントウムシの写真

鳥に興味のあるご家族とは、彩湖湖畔に野鳥観察にも行きました。

最後に、茹でたマテバシイとスダジイのドングリを味見。秋ならではの観察会となりました。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。