ページの先頭です。


日誌2013年9月

掲載日:2014年8月28日更新

彩湖自然学習センタースタッフによる講座や季節の話題を発信しています

自然観察会「昆虫ウォッチング・秋」

2013年9月8日(日曜)
天気:くもりのち雨

どんよりとしたお天気で、昆虫が見られるのか心配しながら出発しました。雨の時、昆虫はどうしているのでしょうか?そんな様子も観察してみましょう。

さっそく、センターの近くでコオロギの声がたくさん聞こえてきました。ピョンピョン、スルスルと素早く逃げるコオロギを捕まえるのはとても難しいです。
 

バーベキュー広場への道のりはクズのツルと葉っぱでおおわれ、子どもたちにとっては険しいものでした…。この辺りには、講座の数日前にトノサマバッタがたくさん居たのですが、みんなどこかに隠れてしまったようです。
 

がんばってバーベキュー広場まで歩いていくと、草むらの中で小さなショウリョウバッタやオンブバッタを見つけました。大人も子どもも夢中になって追いかけていました。
ここで、雨が降り始めました。みなさんカッパや傘をお持ちだったので、もう少し昆虫探しを続けることに。鑑賞池の近くでトンボやチョウチョの姿も見たところで、センターに戻ってきました。
 

あいにくのお天気でしたが、クルマバッタモドキ、シオカラトンボ、ウスバキトンボ、アオドウガネ、オオスズメバチ、チョウセンカマキリ、キチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ルリタテハなど…身近な昆虫がたくさん見られました。
 

講座終了後、捕まえた昆虫たちは草むらに返しました。また来年もたくさんの昆虫に会えますように!(S)

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。