ページの先頭です。


外来種について4

掲載日:2017年6月20日更新

外来種の説明(アメリカザリガニ、オオフサモ)

写真上:アメリカザリガニ

水の中の小さな生きものをたべてしまう。水草をハサミで切って破滅させてしまうため「、水草に卵を産んだり、住んでいる生きものもへってしまう

写真下:オオフサモ

池などにいっぱい茂って水の流れを変えたり、在来種と競争して住処を奪ったりしてしまう。
とても小さな葉や茎からも再生してしまうので、除去することは難しく、除去の時でも移動は注意か必要。

そのほかにも、ライギョ、ブルーギル、セイタカアワダチソウ、ヒルザキツキミソウなどの外来種が彩湖周辺で確認されています。
身近な生きものが外来種なのか、在来種なのか、どういう場所に外来種が多いのか、観察してみるのも大切なことです。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。