ページの先頭です。


2015年度こども自然クラブ活動報告 第2回

掲載日:2015年8月15日更新

活動テーマ:「水辺の生きもの」

2015年 7月11日(土曜)
天気:晴れ

第2回こども自然クラブも最高のお天気で始まりました。
今回は水辺の生きものについて3つのミッションがあります。1つ目はカニかご仕掛け。2つ目はザリガニ釣り。3つ目は水質調べ。ごあいさつのあと、ザリガニを含む「外来種」のお話をして、外へ出発しました。

1つ目のミッション。カニかごは各班で1つずつ、場所を相談して仕掛けました。
ザリガニつりの後に引き上げます。何が入っているでしょうか。
生きものを探す様子の写真植物を観察する様子の写真

2つ目はみんなが大好きなザリガニつり。いくつ釣れるかな?
それぞれ、自分で決めた場所で釣り開始!
ザリガニ釣りをする様子の写真捕まえたザリガニの写真

すぐにコツをつかんで「3匹目~!」「5匹目~!」と続々と釣り上げる子も居れば、「来なーい。」と嘆く子も。すぐに引き上げず、じっと待ってザリガニとの勝負です。女の子たちはスイスイと釣り上げて行くものの、ザリガニには触れない様子。そこでスタッフと一緒に掴む練習をしました。すると、「初めて触った!」と嬉しそうに観察していました。
ザリガニを掴むことに挑戦する様子の写真池でザリガニを釣る様子の写真

暑さに耐えながら、熱中症に気をつけながら、あっという間に30分が経ちザリガニ釣りは終了です。先ほど仕掛けたカニかごを引き上げ、水質調査用の水を汲んで学習室へ戻りました。

まず、どんな生きものがかごに入っていたか発表してもらいました。何も入っていない班もあれば、モツゴがたくさん入っていたかご、おたまじゃくしが入っていたかごもありました。ザリガニ釣りはというと、30分で189匹。予想以上の結果となりました。
モツゴの写真

それではこの生きものがどんな水質で生きているのか、パックテストを使って調べました。その結果から、水草や雨水の関係、プランクトンなどのお話をしました。また、生きものたちが暮らす水はどうすると汚れてしまうのか、どうしたら良くなるのか、考えてもらいながらまとめを行いました。
活動のまとめを行う様子の写真活動の記録をするノートの写真

今回の活動で水辺の生きものが少し身近なものになり、その身近な生きものたちと共に生きて行くにはどうしたら良いのか…?と考えるきっかけになってくれたら嬉しいです。

次回は9月5日(土曜)です。午前9時55分までには学習室に集まってください。帽子と水筒、汗を拭くタオルは忘れずに!また、次回も屋外での活動を予定しています。草が触れても大丈夫なように長袖の準備をし、長ズボンで来てください。ただし、スズメバチが活発に動く季節になります。濃い色の服装は避けましょう。

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。