ページの先頭です。


2014年度こども自然クラブ活動報告 第2回

掲載日:2014年8月18日更新

活動テーマ「水の中をのぞいてみよう」

2014年7月12日(土曜日)
天気:晴れ

今回はセンター周辺の池の中の生きものを調べることにしました。

  1. 池の中に「しかけ」をしたら、生きものが入るか?
  2. 水の中にはどんな小さな生きものがいるのか?

これらを調べるとために、色々と道具を使って生きものの観察をしました。
顕微鏡の写真説明を聞く様子の写真しかけ作り開始の様子の写真

活動についてのお話のあとは、班ごとに3つずつ「しかけ」の用意と、設置です。しかけの中に入れるエサは練りエサ、コイのエサ、魚肉ソーセージの3種類用意し、おもりとなる石を入れて池の中に沈めてみました。

しかけを沈める様子の写真 
何か入るかな…?池を被うヒシをかき分けて沈めました。

しかけに生きものが入るのを待つ間に、池の水を採取して顕微鏡で観察してみました。初めて顕微鏡に触れた子も徐々に操作に慣れていき、「おー!すごいのが見えるよ!何これ!」とスタッフを呼んで報告をしてくれました。
参加者が学習室に居る様子の写真顕微鏡を使う前に準備中の様子の写真
最初は「どうしよう…」と戸惑っていましたが、「次はこれ!」「今度はこれ!」と楽しく観察。

ミジンコの可愛さや植物プランクトンの美しさなど、一見何も見えない水の中にも色々な生きものがいることが分かったようです。実体顕微鏡と生物顕微鏡での見え方もわかり、代わる代わる覗いていました。
顕微鏡微で生物の観察中の写真 
見えたものをワークシートにスケッチ。

約1時間後、しかけを引き上げてみました。各班のかごと、スタッフが事前に仕掛けておいたものの中身をバケツに入れて学習室で観察してみました。結果は、ザリガニ、オタマジャクシ、稚魚が入っていました。残念ながら当日仕掛けたものは空っぽのかごが多かったのですが、水の中にこれらの生きものが居るという確認ができました。
しかけを引き上げる様子の写真入った生きものを観察する様子の写真しかけに入ったザリガニの写真
ザリガニがたくさんいました。

観察できた生きものの記録中の写真まとめの写真生きものが居た場所の地図の写真
各班で発見できたものを発表してもらい、地図にまとめました。

次回は9月6日(土曜)です。午前9時55分までには学習室に集まってください。帽子と水筒、汗を拭くタオルは忘れずに!次回も屋外での活動を予定しています。特に、スズメバチの動きが活発になる時期のため、濃い色の服装は避けてください。
次はどんな生きものに出会えるでしょうか…?楽しみですね!

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。