ページの先頭です。


野鳥観察ノート2006年10月10日

掲載日:2014年8月28日更新

観察日:2006年10月10日(火曜)
観察時間:午前
天候:はれ
観察者:T・T、T・M

(注釈)観察個体数の記載がない種は、全域で普通に観察できる種です。

  1. カイツブリ
  2. カワウ
  3. ゴイサギ
  4. ダイサギ
  5. コサギ
  6. アオサギ:57
  7. マガモ:4
  8. カルガモ:30
  9. コガモ:37
  10. ヨシガモ:6
  11. ヒドリガモ:42
  12. オナガガモ:19
  13. キンクロハジロ:3
  14. スズガモ:1
  15. バン
  16. ウミネコ
  17. キジバト
  18. ヒメアマツバメ:1
  19. マツバメ:5
  20. コゲラ
  21. ヒバリ
  22. ショウドウツバメ:2
  23. ツバメ
  24. ハクセキレイ
  25. ヒヨドリ
  26. モズ
  27. セッカ
  28. エゾビタキ:5
  29. ヤマガラ:2
  30. シジュウカラ
  31. メジロ
  32. ホオジロ
  33. カワラヒワ
  34. スズメ
  35. ムクドリ
  36. カケス:21
  37. オナガ
  38. ハシボソガラス
  39. ハシブトガラス

備考:
アマツバメ…上空通過、エゾビタキ…釣り堀横の林
カケスはいたるとこで見られる、カモがかなり渡ってきた

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。