ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 広報 > 記者発表 > 記者発表 > [記者発表資料]多数の傷病者対応を想定した戸田市消防総合演習を実施します


[記者発表資料]多数の傷病者対応を想定した戸田市消防総合演習を実施します

掲載日:2018年12月11日更新

多数の傷病者対応を想定した戸田市消防総合演習を実施します

内容

国道298号線で普通乗用車と貸切り路線バスが衝突し、多数の傷病者が発生した想定で対応訓練を行います。
消防力が不足する中、近隣 消防との応援体制により人員や資器材を充実させ、早期から医療を現場に投入し傷病者を緊急度重症度別に選別のもと、適切な処置及び搬送することに重点をおき訓練を展開します。
傷病者役には蕨戸田市医師会看護専門学校の学生に協力いただき、路線バス、事故想定車両も用意し実現場のような状況下を設定します。また、実際にドクターヘリも飛来し訓練に参加します。

参加機関

戸田市消防本部、埼玉県南西部消防本部、川口市消防局、蕨市消防本部、さいたま赤十字病院DMAT(ディーマット)、埼玉医科大学総合医療センター(ドクターヘリ)、蕨戸田市医師会看護専門学校、国際興業株式会社
(注釈)DMATとは医師、看護師、業務調整員で構成され、大規模災害等が発生した現場にかけつける災害医療チームのことです。

日時

2018年12月20日(木曜)、午前10時~11時30分

場所

戸田市荒川左岸南部流域下水道 荒川終末処理場(戸田市笹目5-37-14)

お問い合わせ

消防本部 警防課 048-420-2127

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。