ページの先頭です。
トップページ > 分類からさがす > 市政情報 > 広報 > 記者発表 > 記者発表 > [記者発表資料]西日本豪雨被災地派遣職員が帰庁し、市長に報告を行いました。


[記者発表資料]西日本豪雨被災地派遣職員が帰庁し、市長に報告を行いました。

掲載日:2018年7月19日更新

西日本豪雨 被災地派遣職員が帰庁し、市長に報告を行いました

内容

2018年7月の西日本豪雨により記録的な大雨で被災した岡山県倉敷市に、人的支援のため派遣されていた職員が帰庁しました。職員は、現地では家屋被害認定調査に従事し、帰庁後、被災地の現状や活動内容等を市長に報告しました。
本市では、今後も被災者・被災地に対し迅速に支援を実施してまいります。

派遣期間:2018年7月17日(火曜)~21日(土曜)

派遣先:岡山県倉敷市

派遣職員:危機管理防災課職員1名、まちづくり推進課職員1名

お問い合わせ

危機管理防災課 電話048-441-1800(内線311)

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。