ページの先頭です。


救助訓練の実施報告

掲載日:2018年8月13日更新

笹目橋にて救助訓練を実施しました

2018年7月10日火曜日、大宮国道事務所浦和出張所及び株式会社IHIインフラ建設によるご協力のもと、現在耐震補強工事中の笹目橋にて救助訓練を実施しました。

訓練想定

橋げた内の暗所狭あい空間(暗くて狭い所)にて、作業員1名が熱中症により倒れたもの。
救急車内へ収容する為、橋げた内から吊足場まで要救助者を搬送し、笹目橋上へ引き揚げるもの。
橋げた内にいる要救助者の画像

訓練中の様子

要救助者を橋げたより出している画像
要救助者の容態を観察した後、救急資機材とロープを活用し、橋げた内より吊足場へと搬送。
要救助者を吊り上げている画像
要救助者に救助用ハーネスを設定した後、橋上に待機していた救助工作車のクレーンを活用し、救出完了。
女性作業員が要救助者をしている画像
訓練2回目は日頃同所で作業に従事している女性社員が要救助者役となり実施。
(注釈)クレーンでの引き揚げ時のみ要救助者人形を使用。

訓練終了

ミーティングの様子
労働災害が起こりうる実際の作業現場で訓練を実施出来た事は、大変貴重な経験となりました。
今後も他機関との合同訓練を重ねて、隊員一同、技術向上に励んでいきます。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。