ページの先頭です。


ヒートショック予防について

掲載日:2019年1月26日更新

ヒートショックとは

ヒートショックとは、家の中の急激な温度差によって起こる身体への悪影響のことを言います。
ヒートショック予防のためにも、特に温度変化の激しくなる入浴には注意が必要です。

予防におけるチェックポイント

入浴する際、注意すべきことを記載しますので参考にしてください。
(1)急激な温度変化がないように、脱衣所、浴室を入浴前に暖めましょう。
(2)湯船の温度を少し低めにして、心臓への負担を減らしましょう。38度から40度が目安です。
(3)心臓に遠い手や足からお湯をかけて、体が慣れてから湯船に入りましょう。
(4)全身浴は体にかかる負担が大きいので、湯船につかる際は半身浴にしましょう。
(5)入浴前後に水分補給をして、脱水を予防しましょう。
ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。