ページの先頭です。


市指定文化財(新曽下町観音経)

掲載日:2019年8月20日更新

新曽下町観音経の写真

 
(2012年8月23日撮影「地蔵のお祭り」)

新曽下町観音経

戸田市指定無形民俗文化財 1987年(昭和62年)3月20日指定

観音経は、観世音菩薩の掛軸を掲げ、締太鼓と大太鼓のリズムに乗せて、観音経や般若心経を全員で唱えます。
江戸時代の寛政年間には既に行われており、観音様の加護を得て水害や疫病などの難から逃れようとして始まったものではないかといわれています。
戦前は、毎月17日、23日の2回行われ、観音経を行う場所は順番で各家々を宿として、道具を運んで行いました。
現在は、毎月17日午後7時頃から新曽下町会館(戸田市新曽南4-1-41)で講を結んでいます。
流儀は特にありませんが、太鼓打ちの中で、一定の間隔で下から上に向かって、太鼓のふちを打つ打法です。
戸田市域の観音経は、かつては各地域で盛んに行われていましたが、現在完全な姿で継承されているのは、新曽地区の新曽下町観音経のみで、戸田市無形民俗文化財に指定されています。

新曽下町観音経の様子

YouTube配信 (新曽下町観音経)

保存団体

新曽下町観音講保存会

保存会の活動

・練習日 毎週木曜日 午後7時から9時

・場所 新曽下町会館

新規入会者を随時募集しています。練習の見学も可能です。

ご希望の方は生涯学習課へお問い合わせください。  

ご意見をお聞かせください
お求めの情報が十分掲載されていましたか?
掲載情報について
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
ページ構成、内容について
この情報をすぐに見つけることができましたか?
情報の見つけやすさ
(注釈1)いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
(注釈2)ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

埼玉県指定文化財及び埼玉県選定重要遺跡
戸田市指定文化財
埋蔵文化財
文化財ゆるキャラ